· 

セラピストだって癒されるんです♪

皆様、こんにちは!

開業から一カ月を経てようやくブログ更新となります・・・。

発信ネタってどこからどこまで手を付けて良いのやら迷っている間に時は過ぎ:::おまけにLazyな性格が出てしまいました(泣

ブログは書きたいときに書く! 勢いで書く!ことにします。

さて、今回はフラワーセラピーについて書いていきたいと思います!

働き方改革により複数の職を掛け持ちする「パラレルキャリア」、「ポートフォリオキャリア」と呼ばれる副業や週末企業をされる方が多くなった時代。私もそのひとりとしてスポーツイベント会社で事務パートをしながら提携先の高齢者介護施設へフラワーセラピーレクリエーションへ出向しております♪ 

 

フラワーセラピストとは「芸術療法」の一環として確立されている花々を用いたフラワーアレンジメントを通して花の癒し効果を「伝える」「気づかせる」メッセンジャーのような役割を担うものです。受講者様にお花をとおして笑顔になる、元気になるひとときを楽しんでいただくことをモットーとしています。アレンジメントの出来栄え指導というよりかは、自分が花と向き合って感じたことをそのまま形で表現することをサポートします。 フラワーセラピーはこうあるべき!っていう模範は主催者(協会団体)によって様々です。だからいろんなフラワーセラピーを体験していただくことも重要なんです。

そんな「伝える」側であるセラピストですが、実は伝えるだけじゃなくて受講者様からお花を通して沢山のパワーをもらってしまっているんです☆ 

パ、パワーって?何? 

それは・・・予想もしなかった「笑顔」と世界に一つだけの「作品」です。

例えばこんな話↓

セラピーを始める前はぶっきらぼうだった受講者様がいたとします。お花に興味は格別なかったけど、時間があったから試しに参加してみた。一輪一輪お花を見て手に取ってはその花々の特徴や色や形を自分なりに解釈して挿していくと・・・? あら?不思議。誰よりも真剣に自信いっぱいに出来上がった作品を完成させてるんです♪ そしてそのお顔をみるとレク開始前のあの仏頂面はいずこへ?!というくらい満面の笑みを見せてくれたり、照れていたりするんですよ~。

こういう場面に遭遇することが多々ありまして、セラピストとしてほんとにうれしくなるひとときなんです。

レクリエーションの時間は60分でその間はやっぱり施設の介護福祉士さんとつきっきりでハサミの扱い方とか具合が悪くならないかとか注意深く見守りながら行います。それでいてエンタテインメント性もプラスしながら楽しいひとときを過ごしてもらう。

短いようでとても長く、責任のあるお仕事でもあるのです☆ だからお花を見ては喜ぶ顔とか出来上がった各々の作品を発表したりするときは大変盛り上がります。癒し効果を伝えながら場を盛り上げる!

また来月も楽しみにしてるねって言ってもらえるように日々精進なのです。

 

医療福祉業界へのフラワーセラピー普及率もまだまだ。特にきちんとフラワーセラピストの資格を持ちながら、その専門性と介護の現場で臨機応変に盛り上げて対応できるセラピストって少ないんですよ・・・。そういったセラピストの育成にも力をいれつつ神奈川エリア拡大へと突き進む!! 

 

いかがでしたか?

今回は「フラワーセラピー」についてセラピストが現場で感じることを書いてみました^^

フラワーセラピーってどんなの?って思っていても実はお花屋さんを通りががりで立ち寄ったり道端で咲いてる花や木々を視界に入れるだけでもそれ自体がすでにフラワーセラピーの一部なんです☆

hanakoromo-花衣-ではフラワーセラピーを主体としたアレンジメントレッスンやお客様らしさを表現するパーソナルフラワーアレンジメントサービスを行っております♪  

 

ご意見ご感想ドシドシお待ちしております!!

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    向日葵 (木曜日, 01 8月 2019 17:59)

    こんにちは。初コメントさせていただきます。フラワーセラピーの力って凄いのですね!!人を笑顔にしちゃうなんて。私は、お花とは少し違うのですが、趣味が大人の塗り絵です。 カラフルに完成した作品を見ると自己満足ですが癒されます。フラワーセラピーもお花の色の力があるのかもしれないとブログを読ませていただき思いました(^-^)