Profile

三浦 真衣子

MAIKO MIURA

 

フラワーライフコンサルタント

フラワーライフセラピスト

 

 

<主な活動>

 

■長津田駅近フラワーアレンジメント教室の開催

■介護付き有料老人ホームでのフラワーセラピーレクリエーションの普及 

 

<メッセージ>

 

プロフィールをご覧くださりありがとうございます。 

 

 

「花はひとを笑顔に導く」

 

花はじぶんと向き合い、じぶんを知るためのきっかけをくれる存在です。

 

そして、己を表現し、人とつながるための「コーディネーター」でもあります。

 

 花のもつ香りや色合い、質感、造形美はわたしたちの感情や性格、考え方など個性に似た属性とリンクします。

 

良い部分だけでなく、自分の弱さだったり苦手なものに気づかせてくれたり。そんな経験から「花の癒しの可能性」をもっともっと広めていきたいと思っております。

フラワーセラピーのこと、コンサル内容のこと、お気軽にお問合せ下さい♪

  

 <わたしのデータ>

パーソナルカラー:夏(セカンドは春)

体型タイプ:下半身重心型

顔印象9分類:キュート

パーソナルアイデンティティファッション:キュート~フェミニン

 

<略歴>

英国滞在中、モダンデザインの父とも言われる

ウイリアム・モリスの生家を訪れる機会があり、アーツ・アンド・クラフツ運動(産業革命によって失われた伝統的な職人芸や手仕事こそが生活の質を向上させるという思想)に触れ、植物や花などをモチーフとしたデザインの美しさに魅せられる。

  

食品業界にて貿易事務を経験したのち結婚を機に退職。自身のウエディングブーケと会場装飾を考案し、プロデュースしたことがきっかけでフラワーアレンジメントを習い始める。

 

ある日過換気症候群を発症しパニック障害を併発。発作の予期不安を軽減させる手立てを探し、芸術療法の存在を知る。フラワーセラピーを受け症状が緩和する。こうした経験から色彩と花が人に与える影響力を伝える仕事を目指し、JFMAにてフラワーセラピーを内田順子氏に師事。

 

フラワーセラピストとして一般社団法人 日本花文化推進機構発足に加わり、エリアマネージャーに就任。高齢者福祉施設でのフラワーレクリエーション(生花を用いた芸術療法)の普及活動に携わる。

 

その後、花の可能性を模索する中、内面と外見の双方からの色彩アプローチをするイメージコンサルテイング職に出会い、MAIC国際イメージコンサルティングをako氏に師事。柄ものに特化した顔骨格デザイン分析を美的イメージアップ塾イメージコンサルタント養成講座顔骨格デザイン分析を高木千恵氏に師事。

 

「花を纏う喜びを」をコンセプトに

フラワーセラピーとイメージコンサルテイングを掛け合わせたhanakoromo-花衣-フラワーライフコンサルテイング事業を立ち上げる。

 花とひとをつなぐきっかけを届けていきたい。

 

保有資格>

APIC認定3級国際イメージコンサルタント

美的イメージアップ塾顔骨格デザイン®︎アドバイザー

ITFAフラワーアレンジメントベーシック認定フラワーインストラクター

ITFA益子式アドラー流花育師

JFMA認定 フラワーライフセラピスト

一般社団法人 日本花文化推進機構神奈川エリアマネージャー

 全国花育活動推進協議会 花育アドバイザー